沖縄県が海外ビジネスの礎となる次世代リーダーの人材育成を支援します

Pick Up!!
  1. HOME>
  2. Pick Up!!>
  3. 石垣 綾音 / 海外OJT派遣(ハワイ) Ayane Ishigaki

沖縄型グローカル産業モデルの試案

石垣 綾音 / 海外OJT派遣(ハワイ) Ayane Ishigaki

派遣年度: 平成24年度
派遣: 海外大学院等留学
派遣国: ハワイ
留学機関: ハワイ大学
期間: 2年
研究テーマ: 「沖縄型グローカル産業モデルの試案」

1
研修後の成果報告

専攻は都市計画

専攻は都市計画、地域計画です。開発における地域住民との調整を、ハワイがどのようにしているのかを勉強してきます。企業、行政、そして住民の役割分担、その利害調整がどのように現場で行われているか、ハワイと沖縄の比較研究が出来たらと思っています。そして、沖縄の基地の跡地利用や今後の振興計画の中で、住民たちの土地をどう経済振興に生かしていくのかという点に活用できたらと思っています。

ハワイのゾーニング

ハワイは島としてのゾーニングが非常に上手にできています。沖縄では、各自治体や地主がやりたいことをやっている感じで、調整がとれておらず、トータルのバランスがとても悪いですよね。ハワイに一年間滞在した経験から、ハワイでは、土地が、例えば基地は基地、観光地は観光地、住宅街は住宅街と、ちゃんと分けられています。また、観光客に対して上手く導線が提供されています。それも、家族向け、恋人向けの導線が分かれていて、そこにしっかりとストーリーも出来ているのはすごいと思います。

基地の跡地利用は大きなチャンス

ハワイでも、都市計画の結果、ホームレスが増えたり、地域から追い出された住民がいるなどの課題もあります。ですから、ハワイの都市計画だけをそのまま沖縄に導入するのではなく、都市計画の結果生じる課題やリスクも考慮しながら、沖縄で、より暮らし良い、新しい生活環境をつくっていきたいと考えています。そういう意味で、基地の跡地開発は、大きなチャンスだと思っています。留学中も是非いろんなツールを使って、沖縄の現場で街づくりに関わっている方々と情報交換が出来たらと思っています。

多国籍の中で受ける刺激

ハワイの大学には、世界中からいろんな方がやってくるので、その人たちとの間で、どういうコミュニケーションが取れるのか、すごく楽しみです。ハワイ各地だけでなく、太平洋諸国からもたくさんの人がやってくるので、そうした方々から、沖縄に生かせる多くのヒントが得られるかもしれません。