沖縄県が海外ビジネスの礎となる次世代リーダーの人材育成を支援します

eラーニング
沖縄で仕事をしていても、外国人と一緒に働き、外国人のお客様と接する機会が増えていきます。これまでのように一部の企業が外国人とビジネスのやり取りをしていく時代は終わりました。
グローバルビジネスコミュニケーションが必要な沖縄でも異なる文化背景を持つ方々とコミュニケーションをとる際の基本となるマインド(心がまえ)やスキル(方法)をぜひ学びませんか?

グローバル産業人材育成事業のeラーニング 『多文化コミュニケーション:空気は読まないで言葉で伝える!』では

パート1では、グローバルコミュニケーションの基本となる心がまえと思考法について学び、パート2では、活用事例をスキット形式で紹介します。

(パート1 約19分、パート2 約16分)

eラーニング講師

浦 亜弓(うらあゆみ)
人事コンサルタント、トレーニング・ファシリテイターリーダーシップ、
コミュニケーション、ダイバーシティなどの研修のプロフェッショナル
日本のみならずアジアやヨーロッパでも研修を実施

スキット担当

小泉カットワール
グローバルリーダーに求められる能力開発に特化し、グローバルな視点、ダイバーシティ&インクルージョンのマインドセット、グローバルベールのマネジメント力及び多様性への適応力を養成。

パート2では、ビジネスシーンでありがちな外国人との会話のやりとりの場面で、パート1で学んだキーワードを意識しなかった場合とした場合とのビフォアー・アフターをスキット形式で学びます。

「グローバルコミュニケーションのマインド(心がまえ)や スキル(スキル)は、外国人とのコミュニケーションだけではなく、 国内ビジネスでもスムーズなコミュニケーションにつながります!」