沖縄県が海外ビジネスの礎となる次世代リーダーの人材育成を支援します

受講者コラム 国内外OJT派遣(派遣先:アイスランド、オランダ)
  1. HOME >
  2. 受講生コラム>
  3. 平成31年度>
  4. 北欧市場における「AWAMORI」販路拡大に向けた人材育成

北欧市場における「AWAMORI」販路拡大に向けた人材育成

株式会社Blueship沖縄(業種:その他(コンサルティング業、情報通信業))

(研修生) 小川 潤さん

研修期間
・令和元年9月2日~令和元年10月17日(46日間)

目的
平成16 年のピーク時以降、出荷量の前年割れが続く泡盛業界の苦境を打破すべく、欧州・米国市場に新たな可能性を見いだし、平成28 年度には専門家招へい研修を活用し、販路拡大に取り組んできた。アイスランドでは琉球泡盛の配給が既に始まり、今度はオランダでの市場開拓を目指し、研修に参加。

成果
研修先にはアイスランドとオランダの2 社を選定。アイスランドのQuiver 社では、ブランディング・マーケティングのプロフェッショナルの指導の下で研修を受け、オランダのRight Spirits B.V. 社では、市場ニーズの把握と現地の商習慣の理解、現地企業の人脈の構築を行った。アイスランドでは、琉球泡盛を海外に広めるために県内酒造メーカー3 社と共同開発した「琉球1429」のオフィシャルホームページを制作。海外のマーケティング・プロモーションのメソッドを用いた方法で開設したことで、琉球泡盛のブランドの魅力を沖縄から発信するのではなく、アイスランドのバーテンダーが自ら発信したいと思えるような形を実現できた。一方でオランダは、まったく接点のない未開拓の市場だったが、現地の配給会社の協力を得て、どのように需要を高めていけば配給の契約ができるのか、いざ配給可能になった時にはどのようなステップを踏むべきかなど、さまざまな視点から研修 を受けることができた。両国での研修は英語でのコミュニケーション能力向上にも寄与し、相手が聞きたいことを的確に伝えられるようになり、市場調査のための正しい質問をすることができるようになった。結果として商品デザインや宣材物の精度が上がり、例えばアイスランドのカクテルバーではバーテンダーが自ら泡盛の説明をできるようになったことも、今回の研修の成果だと思う。


今後の展望

北欧市場でのさらなる認知度向上と販路拡大に向けて、アイスランドでは引き続きブランディング・プロモーションを強化していくとともに、欧州の物流拠点であるオランダでの基盤形成を目指し、現地の商習慣の習得や各地のニーズを学び、積極的に商品提案を行っていく。ひいては欧州全域に「AWAMORI」の新たなマーケットを創出し、県全体の泡盛輸出量増加に貢献していきたい。


株式会社Blueship沖縄
https://www.blueship.co.jp/

  • h31_col07_1.jpg  
  • h31_col07_2.jpg