沖縄県が海外ビジネスの礎となる次世代リーダーの人材育成を支援します

受講者コラム 集合研修:海外派遣集中講座 in ベトナム
  1. HOME >
  2. 受講生コラム>
  3. 平成31年度>
  4. 海外派遣集中講座 in ベトナム〜ベトナムと繋がって、新しいビジネスを〜

海外派遣集中講座 in ベトナム〜ベトナムと繋がって、新しいビジネスを〜

参加企業7社

研修期間
・令和2年1月13日~令和2年1月17日

目的
ベトナム進出を目指す県内企業の海外展開計画をサポートする
・ベトナム市場の把握 ・グローバルマインドの醸成 ・企業訪問および視察 ・現地企業とのビジネス交流会

参加企業
(有)ジャッキーステーキハウス、(有)沖縄国際海運、(有)エバ・グリーン、(株)フロンティアリゾート、琉球海運(株)、(株)精巧エンジニアリング、琉球物流(株)

【DAY1:市場把握】
市場の概要を把握するため、JETRO を訪問。沖縄県委託駐在員徳嶺氏や株式会社金秀駐在事務所玉城氏から、県内進出企業事例などを学ぶ。

【DAY2〜3:マインド研修】
ワークを通じて異文化理解を体感した後、ミッションに基づき、通訳なしで現地の方々にインタビューを行い、調査結果を資料にまとめプレゼンを実施。

【DYA4〜5:企業訪問および交流】
ベトナム進出コンサルタントと現地企業を訪問。情報交換やネットワーク構築を目的に交流会を開催。

参加者の声
・(有)ジャッキーステーキハウス 長田 就高
「今後の貿易計画書」を作り上げることができ、大きな一歩になった。自分たちの力だけでは会う機会のない方々と出会え、受講者の皆さんとの会話から多くのアイデアをもらい、ビジネスチャンスを得た上、実績も作ることができた。ベトナムの方々との交流研修は外国人を雇用している私たちにとってすぐに活用できる内容ばかりだった。

・(有)沖縄国際海運 伊佐 友樹
ベトナムの勢いに大いに刺激を受けた。ただ、自分の勉強不足により分からないことも多く、もっと勉強が必要だと感じた。今後は研修で学んだグローバルマインドセットを業務の上で意識し、日本基準で考えるのではなく、さまざまなことを理解した上で仕事を進めたい。

・(有)エバ・グリーン 大山 盛嗣
この研修をふまえて、アジアに目を向けることができた。ベトナムで商材を探し、いつか取引ができるようになりたい。今回学んだ知識を今後のマネージメントや海外との取引で活用したいと思う。

・(株)フロンティアリゾート 中田 謙二
自分だけで海外視察に行った時とは比べものにならない情報量、現地の方々との出会い、ビジネスにおける気づきが多くあった。また、研修が進むにつれて、自分自身の姿勢が単に知識を得るだけでなく、ベトナムで事業をスタートさせることを前提とした取り組み方に変わった。

・琉球海運(株) 新垣 隼飛
企業訪問や交流会を通してベトナム市場や成功事例、リスクなど、ベトナムでのビジネス展開の検討材料として参考になった。また、ベトナム人との協同ワーク研修では異文化でのコミュニケーションを学べた。研修で得た知識、経験、企業との繋がりを今後に活かすとともに、ビジネス展開の可能性について引き続き情報収集を行いたい。

・(株)精巧エンジニアリング 儀保 五十一
ベトナムには80 万トン余りの不発弾が今現在も埋没していて、開発に伴い爆発事故が多く発生する可能性があるため、ベトナムの協力者を探し、当社を中心とした磁気探査(不発弾探査)を実施できればと思う。研修で学んだことをベトナム進出の際やベトナム人従業員を雇用する上で活用したい。

・琉球物流(株)知念 桂一朗
実際に海外へ行き、企業訪問をして交流を持つことの大切さを強く感じた。また自分に足りない部分についても確認することができた。今後も海外を訪問しビジネスチャンスを見つけ、新規事業を構築するよう努めたい。今回学んだことを忘れず、3年後に改めて振り返り成長を確認したい。


  • h31_col18_1.jpg DAY1 市場把握の様子  
  • h31_col18_2.jpg DAY2〜3 マインド研修の様子