沖縄県が海外ビジネスの礎となる次世代リーダーの人材育成を支援します

受講者コラム 国内外OJT派遣(派遣先:アメリカ(オレゴン州ポートランド))
  1. HOME >
  2. 受講生コラム>
  3. 北谷コーヒースタイルの確立へ向け、世界最先端のコーヒーの技術、文化を学ぶ

北谷コーヒースタイルの確立へ向け、世界最先端のコーヒーの技術、文化を学ぶ

株式会社SOUL KITCHEN(業種:飲食業)

(研修生) 城間 亮太さん

研修期間
・令和元年11月6日~令和2年1月26日(82日間)

目的
新プロジェクトの「ZHYVAGO COFFEE ROASTERY」では、これまで県内の焙煎店から仕入れていたコーヒー豆を自家焙煎にすることで、よりこだわりを持ったコーヒーをお客さんに届けたいと考えている。その焙煎技術を学ぶため、カフェの先進地域である米国・オレゴン州のポートランドへ行き、研修を受けた。

成果
ポートランドは、個人経営のコーヒー店が多くある街。一人ひとりのバリスタの技術力も高く、接客態度や、店内の内装も魅力的なお店ばかり。弊社の社員が学生時代にポートランドへ留学していたことから、現地の人とやり取りをし、4 店舗のカフェを運営する「BARISTA」で研修を受けることが決定した。現場では、一番の目的である焙煎機を使ったコーヒーの焙煎技術を学ぶほか、抽出(ドリップ)方法、店内での接客の様子など、目に入るもの全てが学びとなった。語学の面で、説明を受ける際の専門用語などがすぐに理解できず苦労する場面もあったが、一つでも多くの技術を吸収できるよう、前のめりになって励んだ。その結果、焙煎技術に関しては、バリスタの一つひとつの手の動きを見よう見まねで実践したところ、身につけることができた。また、ポートランドは米国で地域の人が暮らしやすい街と言われている。治安が良いことはもちろん、食材はなるべく地産地消であること、個人で経営するこだわりを持った店が並ぶこと、公共交通機関や自転車専用道路が充実しているなどが挙げられる。研修先のカフェで、まさにその「暮らしやすい街」という空気感を体感した。弊社のコーヒーショップがある北谷町でも、お店で寛げる空間であるのはもちろん、地元や県内、さらに観光の方々にまで居心地の良さを提供できる街づくりにも貢献したいと思った。


今後の展望

2020 年6月に、北谷エリアにオープンされるホテル内で焙煎工場を併設したカフェを展開する予定。学んだ知識や技術を生かして、コーヒーの魅力を伝えたい。さらに、同ホテル内カフェの横に自転車ショップを併設し、車社会の沖縄で普段とは一味違った新たな北谷町での過ごし方を提案していきたい。


株式会社SOUL KITCHEN
http://soul-kitchen.co.jp/

  • h31_col05_1.jpg  
  • h31_col05_2.jpg