沖縄県が海外ビジネスの礎となる次世代リーダーの人材育成を支援します

受講者コラム 国内外OJT派遣(派遣先:フランス・イギリス・イタリア)
  1. HOME >
  2. 受講生コラム>
  3. 平成30年度>
  4. 欧州ニーズに叶う「沖縄空手ツーリズム」商品企画研修

欧州ニーズに叶う「沖縄空手ツーリズム」商品企画研修

Ageshio Japan株式会社

(研修生) 上田 健次郎さん

研修期間
平成31年1月8日~平成31年2月6日(30日間)

目的
世界に約1億3千万人の空手家がいると言われる中、沖縄には約400の道場があり高段指導者が多くいることから毎年約1万人の外国人空手家が訪れている。しかし、この数は決して多くはなく10万、100万人のマーケットがあると考える。そこで空手ツーリズムのマーケット拡大を狙い、フランス、イギリス、イタリア3カ国を対象に市場リサーチを行う。さらに今後の展開を想定した販路を探る。

成果
H.I.Sの3カ国の現地支店にて1〜2週間ずつ研修を実施した。各国現地スタッフとのディスカッションで空手ツーリズムのニーズを探ると「ヨーロッパ各国ではラクビーのワールドカップやオリンピック開催などで日本ブームが起こり、日本文化にも興味を寄せている」「空手だけでなく日本のゴールデンルートと言われる東京・京都・大阪を巡る周遊パッケージが必要」「沖縄の海や古民家にも関心が高い」といった声を聞くことができ、沖縄では考えられなかった発想を得た。さらにヨーロッパの人は、航空チケットやホテルを自ら予約し、オプションツアーを見つけてカスタマイズする旅行スタイルが多いことも分かった。
研修期間中には、ロンドンで開催された旅行博覧会に空手道着姿で参加し、「沖縄空手ツアー」をアピールするとともに、一般消費者と接することで生の声も拾えた。また、20社以上の現地旅行会社と意見を交換し、販路開拓にもつながった。


今後の展望

研修前は個人向け(BtoC)の販売を考えていたが、ヨーロッパに販路を持たない当社が、いきなり商品を販売することは難しいと判断。販路開拓の足がかりとして現地エージェンシー向けの販売(BtoB)に切り替え、エージェンシーが取り扱いやすい、空手歴史ツアーや1日体験レッスンなど「ワンデーツアー」の商品を増やし充実を図る。
また、マーケット拡大を目的に、空手だけでなく剣道や柔道などを組み合わせた「日本の武道文化ツアー」を企画し、武道ツーリズム事業の国内No.1を目指す。


Ageshio Japan株式会社
https://www.ageshiojapan.com/jp-camp

  • h30_col05_1.jpg  
  • h30_col05_2.jpg