沖縄県が海外ビジネスの礎となる次世代リーダーの人材育成を支援します

受講者コラム 国内外OJT派遣(派遣先:カナダ・アメリカ)
  1. HOME >
  2. 受講生コラム>
  3. 平成30年度>
  4. 北米地域との新しいビジネスモデル構築に参画するための人材育成

北米地域との新しいビジネスモデル構築に参画するための人材育成

株式会社青空

(研修生) 水谷 真史さん

研修期間
平成31年1月8日~平成31年2月6日(30日間)

目的
北米地域からの案件受注に必要なディレクター業務を把握するため、主に以下の項目を研修項目(受注までのフロー・契約・打合せ方法・制作時の注意点・ニーズ・入札、提案方法・クライアントとの案件管理方法)を実施する。

成果
当社ではこれまで国内案件を中心に展開してきたが、2018年ネパールに関連会社を設立し業務のオフショア化を進めている。現在は日本語を訳して指示を送っているが「ネパールスタッフの常用語は英語。そのため英語圏からの受注が叶えば対応もよりスムーズになる」と考え、英語圏からの受注を目標に現地研修を行った。
今の時代、ネット上にもさまざまな情報が溢れているが、取引したい企業の細かい情報は、実際現地に行かないと手に入らない。そのため今回はカナダの企業を研修の軸とし、その企業の担当先であるアメリカ企業へも同行させてもらった。
研修では、例えばSNS・動画・進行管理ツール・HP等の制作過程の違いや、それに伴う必要スキルの違いなどを知ることができとても勉強になった。担当者に直接質問することで新たな情報を入手できたり、情報の重要度を掴めたりもした。NASAでシステム設計をしていた人など、多様な人が集まるプログラマーの情報交換の場に参加させてもらう機会もあったが、彼らの仕事に対する真摯な姿勢と、各人のプロ意識の高さが今でも強く印象に残っている。「外国人はダラダラとは働かない」というイメージがあったが、業務時間内に仕事を収めるその背景には、休日にこうして貪欲にスキルを磨いているということがわかり感心した。
今回の研修で海外から受注するための課題が明確になった。数字的な成果はこれからだが、次に向けて動き出せたことこそが研修の大きな成果だと思う。


今後の展望

さまざまな国の考え方に触れ、やり方に慣れること、そのために足りないスキルを補うことは非常に重要だ。現在、北米から受注をするためのサイトを構築中で2019年4月にOPEN予定だが、一歩踏み出し具体的な形にすることができたのもこの研修のおかげと感謝している。


株式会社青空
http://aozora-okinawa.com/

  • h30_col06_1.jpg (研修生) 水谷 真史さん  
  • h30_col06_2.jpg