沖縄県が海外ビジネスの礎となる次世代リーダーの人材育成を支援します

受講者コラム 国内外OJT派遣(派遣先:フィリピン)
  1. HOME >
  2. 受講生コラム>
  3. 平成30年度>
  4. セブ島での海外拠点開設に向けた人材育成

セブ島での海外拠点開設に向けた人材育成

合同会社エックスパワー

(研修生) 眞喜志 康則さん

研修期間
平成31年1月15日~平成31年2月13日(30日間)

目的
沖縄におけるマリンレジャー閑散期の冬場の仕事作りをめざし、一年中マリンレジャーが楽しめ、近年日本でも注目を集めるフィリピン・セブ島への支店進出を検討。そこで、現地のビジネス習慣、実際に展開しているマリンアクティビティ状況などの必要情報の収集を図るとともに、異文化コミュニケーションを肌で体感し、進出計画に活かす。

成果
研修は、フィリピンのセブ島でマリン事業を展開している会社で行った。研修先のスタッフとのコミュニケーションはもちろんのこと、取引業者などともふれあいを図るように努めた。
結果、現地のビジネス習慣や雇用条件、保険の問題、賃貸物件の相場、マリンスポーツの安全基準など、支店進出にあたって必要な生の情報を得ることができた。これは大きな成果だと感じている。また、時間をかけて人とのふれあいを育んだことで現地の人のおおらかさなどを体感できたことも成果の一つである。フィリピンの人たちは沖縄の人に似ていると感じ、親近感も湧いた。
セブ島は、私たちが得意とする水上バイクやボートの販売をできるところが少なく、メンテナンスに対応できる人材もなかなかいない。その現状を踏まえると、ここは当社にとってのこれからのマーケットになり得る地域であり、当社の存在価値が出てくるものと感じている。日本の「日常的なおもてなし」がセブ島では日常的ではないことも知った。その提供を行うことも、当社海外支店の評価につながるのではないかと感じた。
今回の研修によって、本事業計画への自信が「これは絶対いける!」という確信へと変わった。


今後の展望

昨年は私が、今年は従業員2人がセブ島へ留学し、これまで会社が独自で進めていた本計画を今回、県の事業を活用したことで私の本気が従業員にも確実に伝わったと感じている。年内にはセブ島への支店開設を行い、営業をスタートさせたい。来年には利益が出るようにしていきたいと考えている。


合同会社エックスパワー
https://www.xpower-yamaha.com/

  • h30_col07_1.jpg (研修生) 眞喜志 康則さん  
  • h30_col07_2.jpg