沖縄県が海外ビジネスの礎となる次世代リーダーの人材育成を支援します

受講者コラム 国内外OJT派遣(派遣先:中国・深圳)
  1. HOME >
  2. 受講生コラム>
  3. 平成30年度>
  4. グローバルなアパレル製造小売業構築およびコンサルタント事業強化に向けた人材育成

グローバルなアパレル製造小売業構築およびコンサルタント事業強化に向けた人材育成

アジアアロワナ株式会社・Waters合同会社

(研修生) 亀島 翔子さん、山内 真さん

研修期間
平成30年12月21日~平成31年1月21日(32日間)

目的
山内:県内外作家や小売事業者に向けたコンサルティングサービス向上のため、中国での業務や市場ニーズの理解を深める。 亀島:成長著しい深圳にある、アート・劇場・ファッションの融合施設である「燕晗高地」にて、購買力の高い中国市場における、現地需要・購買層・商品構成などのニーズを学ぶ。

成果
山内:同施設のプレオープンへ出店する中で、現地の顧客志向やビジネススタイル、SNSでのPRなどを学んだ。印象的だったのは開業までの段取り。先に全部を作ってしまうと間違いに気づいても後戻りができず、大きな機会損失となってしまうことから同施設では、とりあえずやってみて、課題を発見・修正し、その後本格開業という流れで準備を進めていた。開業直前に行う日本式のプレオープンの捉え方とは似て非なる中国式の考え方に触れ、深く感銘を受けた。中国でプレオープンに参加できることは貴重なこと。同施設のCEOとの縁がきっかけとなり実現したが、今回もさまざまな業者との出会いがあり、人脈作りとしても大きな収穫を得た。 亀島:SNS大国ならではのPR方法として、お客様が自由に着られる服とフォトスポットといった「自分が着て、自分が良く映る場所」を用意。雰囲気の良い空間を作るとあっという間に人だかりができた。お客様の自由な発信をPRに活用することで、マス広告を使わずとも集客ができることが分かった。売場ではレイアウトや導線、価格や演出などを、現地スタッフと一緒に考えることでニーズを実感。現場に居なければわからない自社商品への反応を直に感じられたことも大きな成果となった。


今後の展望

山内:県内小売事業者の海外展開の一助となるようコンサルティングサービスの向上を図る。また、中国国内での自社商品の卸販売や合弁会社設立を目指す。 亀島:今回の得た情報を自社や県内外作家の商品開発・改良に活かし、小規模ならではの小回りのきくサービスを確立、商品の付加価値やブランド化にも役立てたい。


アジアアロワナ株式会社
https://asiaarowana.jp/

Waters合同会社
http://waters.asia/

  • h30_col09_1.jpg  
  • h30_col09_2.jpg