沖縄県が海外ビジネスの礎となる次世代リーダーの人材育成を支援します

受講者コラム グロービスMini-MBA沖縄講座 2015:集合研修
  1. HOME >
  2. 受講生コラム>
  3. 平成27年度>
  4. インプットからアウトプットまでのプロセスが、血となり肉となる

インプットからアウトプットまでのプロセスが、血となり肉となる

日本トランスオーシャン航空株式会社:人財部人事グループ チーフマネージャー 神山 和巳さん

この講座は2014年の開校時から興味があり、1期生の募集にも応募したのですが、すでに定員がいっぱいで受講できませんでした。今回念願かなっての受講です。 ところが参加して初めて大変なことが分かりました。課題が1か月に1回~2回ほど出されるのですが、それについての膨大な資料の読み込みと、課題に対する自分自身の考え方を受講前にまとめておく、というスタイルで、これまでの「受け身」の講座とはまるで異なる講座でした。
受講者に中には、予習の時間がとれずに途中で受講をあきらめる方もいた程です。私は朝、早めに会社に出勤し、始業前の7時半から9時まで予習を行うことで何とかついていくことができました。早朝なので継続できるかの不安もありましたが、不思議とキツイとも思わず続けることができました。それほどこの講座は魅力的だったのだと思います。
講座の内容を一言でいえば、与えられた課題をどう解決するのかというもの。受講者がいろんな意見、アイディアを出し、講師の先生と一緒に検証と議論をとことん行います。時には答えが出ないこともありますが、そのプロセスが重要だということを教えられました。知識と情報のインプットからアウトプットまでのプロセスが血となり肉となるのです。
この講座を通じて、多様な業界の方達と人的なつながりができ、いろんなモノの見方を学べたことも貴重な経験でした。実は今でも2期生で定期的に集まり、勉強会と称して楽しんでいます。
私は今、人事を任されているのですが、人財教育も重要なミッションの一つです。私自身がこの講座を通じて貴重な経験と人的なつながりを得たこともあり、人財教育の一環としてこの講座への派遣を検討しています。
この講座を通じて、幅広い知識と情報のインプットと、それを基に自身の考えをアウトプットする-そのプロセスを学び、実践できる社員を育成できれば嬉しいですね。

日本トランスオーシャン航空株式会社
https://www.jal.co.jp/jta/

日本トランスオーシャン航空株式会社:神山 和巳さん(人財部人事グループ チーフマネージャー)受講者の神山 和巳さん(人財部人事グループ チーフマネージャー)