沖縄県が海外ビジネスの礎となる次世代リーダーの人材育成を支援します

受講者コラム 海外専門家招へい(招へい先:オーストラリア)
  1. HOME >
  2. 受講生コラム>
  3. 平成27年度>
  4. オーストラリアにおけるダイビング産業の先進事例に学ぶ

オーストラリアにおけるダイビング産業の先進事例に学ぶ

一般財団法人 沖縄マリンレジャーセイフティービューロー

経営者から一言

離島を含めた県内8箇所で講習会を開催しました。参加者からは、オーストラリアやその他海外のマリンレジャー産業の実態について、多くの質問があり、業界を発展させるという意識が非常に高いと感じられました。今回、海外講師招聘事業を活用させていただいたことで業界内の様々な課題や改善点が挙げられ沖縄ブランド構築を推進していく第一歩になると感じました。今後も本事業を活用させていただき、業界の更なる飛躍を目標にしていきたいと思います。

(招へい専門家) 石川 輝彦さん

招へい期間
2015年5月31日~2015年6月11日

目的
今後のダイビングのインバウンドを積極的に受け入れる体制づくりへ向けて、オーストラリアにおけるダイビング産業のビジネスモデルを理解し、マリンレジャー産業におけるビジネスモデル構築を作る。

成果
オーストラリアと沖縄県での違いを認識し、法的な整備以外に、如何に健全な経営、安全安心なサービスの提供ができるのかを検討する機会が得られました。現場でのモチベーションを持続させ、沖縄ブランドとして確立させるきっかけになりました。また、海の透明度やビーチエントリーができるなど、沖縄の海の素晴らしさを改めて認識しました。

今後の展開
海外マリンレジャー産業と沖縄との違いを知り、沖縄ブランド構築に向け、インバウンド受け入れに対する多言語対応、安全対策など、事業所単位での整備から、ガイド個々のスキル底上げをしていき、法的整備も含めた一定のルール作りに取り組んでゆきたいと思います。

一般財団法人 沖縄マリンレジャーセイフティービューロー
http://www.omsb.jp

  • h27_col10_1.jpg  
  • h27_col10_2.jpg