沖縄県が海外ビジネスの礎となる次世代リーダーの人材育成を支援します

受講者コラム 海外OJT派遣(派遣先:ベトナム、バングラデッシュ、ネパール)
  1. HOME >
  2. 受講生コラム>
  3. 平成27年度>
  4. 日本語学習システムを構築するための現地の実態と課題の把握

日本語学習システムを構築するための現地の実態と課題の把握

株式会社 ジャイス

経営者から一言

留学生にとって入国前にどれだけ日本語力をつけるかがますます重要になっているにもかかわらず、現地の態勢は教師不足をはじめ課題が山積の状態です。今回の研修で、弊社が開発中の「日本語学習システム」が待ち望まれていることが確信できました。また実情に即した改善点が得られたことは、OJTならではの成果だと思っています。非常に有意義な機会をいただき感謝しています。

(受講者) 瀬底 あけみ さん

研修期間
2015年11月10日~2015年12月9日

目的
優秀な人材を確保し、現地との連携を強化するパソコンを使った日本語学習システムの導入に向け、国ごとの課題を把握し、解決策を探る。

成果
3ヵ国10ヵ所の学校で研修を行い、それぞれのネット環境や入国前の学習事情が把握できたと同時に、この日本語学習システムの需要ならびに期待の高さを肌で感じました。今回現地の日本語教師たちと信頼関係を築くことができ、今後このシステムをさらに充実させていく足がかりをえました。日本人教師がいない学校が多いというのも予想外でした。特にそうした学校が、日本人と会話できるこの企画に非常に興味を示していました。先生のみならず学生にも沖縄を身近にしってもらう、いい機会にもなりました。

今後の展開
システムならびに教材内容の見直しを行い、現在再作成中。今回訪問した各日本語学校と契約を交わし運用を開始する予定です。運用にあたり現地の教師陣を対象に使い方の指導を行い、より効果的に活用できるようにしたいと思います。また、運用の結果を分析し、さらに改良・改善を加えて他の地域への展開も視野に入れていく予定です。

  • h27_col08_1.jpg (受講者) 瀬底 あけみ さん  
  • h27_col08_2.jpg 海外OJT研修の様子