沖縄県が海外ビジネスの礎となる次世代リーダーの人材育成を支援します

受講者コラム 海外OJT派遣(派遣先:ミャンマー)
  1. HOME >
  2. 受講生コラム>
  3. 平成27年度>
  4. オフショア開発事業立ち上げに向けた現地でのマネージメント研修

オフショア開発事業立ち上げに向けた現地でのマネージメント研修

株式会社 プラスナレッジ

経営者から一言

沖縄のIT産業には県外からの開発案件が多く流れてくるようになりましたが、賃金格差を利用した小規模な案件がほとんどであり、その理由が大規模案件に耐えられるチームがないこと、一人ひとりの技術力がまだ県外レベルに追い付いていないことが原因と考えられます。 ミャンマーを含む東南アジア地域には若い人材が豊富です。沖縄の地の利を活かし、彼らと連携することで大規模案件にも耐えうるチームを作り、我が社が県外・海外から案件を受注するハブになれるものと考えております。

(受講者) 又吉 政吾さん

研修期間
2015年7月16日~2016年2月29日

目的
自社内で大規模案件に対応できる開発チームをつくるために、ミャンマーでのオフショア開発事業立ち上げに向けたマネージメントのスキルを身に付ける。

成果
チームでシステム開発するための手段、方法を修得できました。さらにリーダーを育てて役割と権限を明確化し、能動的に動けるチーム作りのノウハウを理解できたと感じています。全般的なシステム開発案件に携わることができ、日本とは違う環境で様々なことを学び、多くを得ることができたとともに、マネージャの重要性、難しさを理解できたと思います。

今後の展開
人材、コストの面でクリアできれば、今後ミャンマーでのオフショア開発を進めていきたいと思います。また、研修を通して学んだノウハウを沖縄で精度の高いものにするとともに、後輩たちへ伝え、より多くのIT人材を沖縄から育ててゆきたいと思います。

株式会社 プラスナレッジ
http://www.plusknowledge.co.jp/

  • h27_col05_1.jpg (受講者) 又吉 政吾さん  
  • h27_col05_2.jpg 海外OJT研修の様子(ミャンマー)