沖縄県が海外ビジネスの礎となる次世代リーダーの人材育成を支援します

受講者コラム グロービスMini-MBA沖縄講座 2014:集合研修
  1. HOME >
  2. 受講生コラム>
  3. 平成26年度>
  4. グローバルビジネスにファイナンスの考え方は必須だと感じました

グローバルビジネスにファイナンスの考え方は必須だと感じました

オリオンビール株式会社:外販部次長 大久保 竜也さん

とても刺激的な講座でした。1講座当たり、約21時間の予習が必要と言われ、予習ではテキストの言葉の意味などの調べることを中心にケーススタディに取り組みました。
講座中は講師の先生に何度も「なぜそう考えるのですか?」と繰り返し問われ、問題点の本質に導かれている感じがして、いつも深く考えさせられました。皆さん経験も豊富で、実例も多いので、とても参考になりました。
 グループワークでは、それぞれ予習をしてきた受講者たちが、頭を悩ましながら自分たちの考えをぶつけていくので、様々な方の考え方を知ることができて良かったです。また、多くの考え方がある中で、制限時間内にグループごとに見解をまとめていく作業は、会議の進行や、ファシリテーションのトレーニングにもなりました。
 個人的には、経営戦略とファイナンスの講座がとても面白かったです。特に、オリオンビールは現在、アジアを中心とした海外に積極的に販路を拡大しているので、M&Aや土地の購入など投資案件も多く、グローバルビジネスにファイナンスの考え方は必須だと感じました。これまではなんとなくしか理解していなかった言葉や数式、考え方が身に付き、特に数式の背景にある深い意味が理解できたことは大きな収穫でした。
 先日、国内外の各マーケットでの今後の販売目標を立てる作業を行いましたが、その中で、今回学んだフレームワークを使って考えることができました。また、すでにMBAを保持している役員らと共通の考え方が出来るようになり、より深い議論ができるようになりました。
 一方で、MBAのフレームワークは、社内で一人でも多くの人が理解してこそ効果が高まるので、同じ思考方法で考えることができるメンバーが、今後増えていくように、こうした研修を受けられる機会を増やしていきたいと感じました。

オリオンビール株式会社
http://www.orionbeer.co.jp

  • オリオンビール株式会社:外販部次長 大久保 竜也さん 受講者の大久保 竜也さん
  • グロービスMini-MBA沖縄講座 グループワークの様子 グループワークの様子